LSI Jiu-Jitsu

半導体とブラジリアン柔術

第6回東日本柔術選手権

6月23日に墨田区体育館で行われた

JBJJF - 第6回東日本柔術選手権

に参加して参りました。

東日本選手権は第3回、第4回と出場したのですが、昨年の第5回は都合により参加できませんでしたので2年ぶりの参戦です。
過去2回はワンマッチだったのですが、今年は4人トーナメントなので優勝までは2試合の山となりました。

23日の土曜日が紫・茶・黒帯の試合で、24日の日曜日が白・青帯の試合となっています。
道場からは多数の選手が出場するので、なんとしても優勝して気分良く24日の応援に繋げたいところです。

1試合目は開始早々に引き込んで早い時間にスイープが成功しました。
しかし、抑え込めず直ぐに立ち上がられました。
スタンドから再度引き込んで下から攻めますが、強烈なパスアタックで1つアドバンテージを取られてしまいました。
その後はなんとか凌いでP2-0、AD0-1で勝つことができました。
正直、アドバンテージを取られた時はパスされたと思いましたが、諦めずに動いたことでアドバン止まりで耐えれたような気がします。

勝戦の相手選手は下から攻めてくるタイプの選手と思ったのですが、意外とワタクシに下を取らせてくれました。
スイープを狙うもベースが強くて崩せません。
パスアタック vs. ガードの攻防が5分間続きました。
お互い、ポイント、アドバンテージ無しでレフリー判定となりました。
残り20秒で強引にスイープアタックを仕掛けましたが、どちらかと言うと相手選手のパスアタックの時間の方が長かった気がします。
負けたな・・。
と、思ったのですが、手が上がったのはワタクシでした。
ちょっとビックリ(笑)

2試合ともギリギリの勝利で優勝となりましたが、たくさんの反省点が残る結果となりました。
次回までに修正してまた頑張りたいと思います。

でも、まぁ、ちょっと自分へのご褒美として帰りにヨドバシカメラでSwitch版のマインクラフトを買いました(笑)
最初は何をしていいのかわからず戸惑いましたが、慣れてきたら楽しくなってきました。