読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LSI Jiu-Jitsu

半導体とブラジリアン柔術

コパ・ブルテリア2016

順調にリハビリと骨盤矯正に通い、7月中旬から練習にも参加できるまで回復しました。

と言ってもスパーリングはまだ厳しく軽めの練習と言った感じです。

 

7月31日に大桟橋ホールで行われた

 

コパ・ブルテリア2016

 

道場からはかなりの人数が出場します。

「皆で頑張ろう!」

の声に自分も加わりたい。

その想い一心で回復に努めました。

試合当日の5日くらい前からなんとかスパーリングもできるようになり、ちょっと増えてしまった体重も(笑)なんとかクリアできました。

試合は4人トーナメントでした。

エントリーは怪我をする前にしており、その時は無謀にも無差別級にもエントリーしていました。

無差別級に出場する気持ちはもはやゼロ。

早めにキャンセルしました。

 

「真夏の祭典」とのキャッチフレーズ通り、この日は物凄い暑さで駅から会場までの歩きで汗びっしょりです。

会場は薄暗い中での8面マット。

カッコ良い雰囲気です。

 

1回戦、相手選手は以前戦ってかろうじて勝てた相手選手です。

力とベースが強い。

ワタクシが最も苦手とするタイプです。

事実上の決勝戦のつもりで挑みました。

痛み止めのロキソニン錠も飲んで準備万端。

ルールはアドバンテージ無しのASJJFルールです。

引き込んでスイープをしかけて尻餅をつかせるも3秒以内に立ち上がられてポイントは入らず。

アドバンテージもありません。

練習不足のせいか体力ゲージの減りが早い早い

頑張ってガードをキープして残り時間1分。

ようやくスイープ成功。

ガッチリ上で固めてタイムアップ。

パスガードも狙いません(笑)

2Pを守り切っての勝利でした。

物凄い息切れと汗をかきました。

 

そして決勝戦。

体力があまり回復していません。

この決勝戦の相手選手も以前戦ったことのある選手で、その時は10-3で勝ちました。

しかし一回戦の戦いっぷりを見ると油断はできません。

体力的な不安が頭をよぎります。

開始早々にタックルで倒されました。

しかし場外に出たためポイントは入らず。

JBJJFルールならアドバンテージです。

リスタートで引き込み成功。

低い姿勢でパスガードを狙ってきます。

やはりワタクシの戦い方を読まれています。

なんとかスイープ、そしてパスガード成功。

その後はガードに戻されてもまたパスガード、マウントと15-0までリードすることができました。

最後はバックを取れて19-0からチョークを極めれて優勝することができました。

 

f:id:mohran:20161231002611j:plain

 

腰の怪我、怪我からの練習不足と、この2ヶ月間は辛くて苦しい日々でしたが、ようやく報われました。

正直、柔術の引退も頭をよぎりましたが、諦めなくて良かったと心から思いながら、家に帰ってこっそりとひとりで涙しました(笑)